派遣で働く介護職のメリットと働き方

公開日:2015.11.16

派遣で働く事に対して、「有期雇用であり、雇用が不安定」等のイメージが浸透しています。しかし、派遣で介護の仕事をする事は様々なメリットがあります。自分から選択して派遣で働く人もいる等、介護の仕事においても派遣は欠かせない存在なのです。ここでは介護職が派遣で働く事で得られるもの、ライフスタイルに合った働き方等について紹介していきます。

女性介護士

派遣では様々な職場を経験できる

派遣会社は登録した方の能力等に応じて適切な職場を紹介してくれます。派遣期間満了時にも速やかに他の職場を探してくれるので、特別養護老人ホーム、デイサービスといった様々な職場で働く機会が増えます。それによって多くの経験が得られるだけでなく、自分に合った職場選びも可能になります。様々な職場環境、利用者の状態に触れていく事でスキルアップにもつながります。

派遣という働き方は、特に介護の仕事が初めてで不安を感じている方にお勧めです。派遣会社のスタッフから介護の仕事の実情やサービス内容といった情報を聞きながら、最初のステップとして派遣で働き、まずは介護現場を自分の目で確認する事も出来ます。

介護士と言っても「忙しい職場が好き」、「ゆったりとした環境で働きたい」、「スキルを高めて将来は管理者になりたい」と、人によって考えは異なります。派遣会社は登録した方の希望に応じた職場を紹介する役割を担っています。様々な職場を経験して、自分に合った働き方を見出す事も介護士として働き続ける為に必要です。

派遣で働く事で履歴書に傷がつきにくい

派遣の仕事は基本的に派遣期間が定められています。3か月であったり6か月であったり派遣される事業所によって異なります。働いている中で自分に合わなかったり、事業所側の都合で契約を更新しないという事もあります。

しかし、派遣の仕事は派遣期間をきちんと満了する事が重視され、派遣以外の形態で働く時に「派遣期間満了」と履歴書に書く事によって、履歴書に傷がつきにくいのが特長です。

通常であればマイナス材料である転職回数が、期間満了という形でマイナスイメージを軽減されます。もちろん自分の都合ばかりで次々と職場を変える事は好ましい事ではありません。しかし派遣で働く目的が様々な職場を経験する事だった等、明確な意志を持って業務に取り組む姿勢は評価に値します。

自分のライフスタイルに合わせた働き方ができる

派遣で介護の仕事をする事で、様々な働き方が実現できます。例えば、子育てや親の介護等で時間が取れない、趣味の時間を大切にしたい、他にもやりたい仕事があるといったライフスタイルに応じた働き方が実現できます。

派遣で働く介護士は、通常の事業所に比べて給与が高く設定されている事が多く、あえて派遣で働いている人もいます。デイサービスで週2回のみ働いて、別の日には、他に自分がやりたいと思っている仕事をするということも不可能ではないです。

主婦(夫)の方、未経験者の方、ブランクのある方に対しても積極的に受け入れてくれるのが派遣の仕事なのです。派遣で働いて派遣先から正社員として採用されたケースも実際にあります。興味のある方は、定期的に行われている派遣会社の説明会に参加して詳細を確認する事をお勧めします。

派遣で介護の仕事における新しい働き方を実現する

介護の仕事だけではなく、今後は子育てをしたり親の介護をする等、様々な社会状況の変化によって、今までの「正社員でフルタイム」という働き方が見直される事も考えられます。その時に派遣というスタイルで週に数回だけ働く、短時間のみ働くといった新しい働き方を希望する声が高まってきます。
派遣で介護の仕事をする事は、自らの家族との触れ合い、趣味活動の時間の確保といった豊かな生活を送る事にもつながっていくのかもしれません。派遣で介護の仕事をお考えの方は、株式会社エタンセルにご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

アーカイブ

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:9:00~18:00(日曜日・祝日休業)

人材をお探しの採用ご担当者様はこちら