派遣で介護の仕事をして得られる知識

公開日:2016.01.30

pixta_7097418_M

派遣社員として介護の仕事をする事によって、社会的に一般的な働き方では得られないものを学ぶ事ができます。様々な働き方に挑戦して「介護の仕事とは何か」「自分に合った働き方とは何か」等、じっくりと考えてみる機会も得られます。今まで気づかなかった知識を取得することや多くの経験を積む事ができます。ここでは派遣社員として介護の仕事をする中で得られる知識について紹介します。

様々な状態の方と接し、スキルアップにつながる

派遣社員として介護の仕事をすると様々な事業所で働く事が可能です。介護の仕事は常に知識や技術の向上に努める事が求められます。そのために麻痺や糖尿病、腎不全等の病気や障害を抱える方と出会い、直接支援する経験は欠かせません。事業所によって利用されている方の介護度、人数、受け入れ可能な病気は異なります。1か所にとどまらず様々な事業所で働く事で多くの知識と技術を取得できます。

例えば、移乗動作の介護でも軽度の麻痺がある方と四肢に麻痺がある方では、介護方法は異なってきます。さらに皮膚が弱く少しでも何かに身体が当たると出血をする人もいます。そこで「移乗の際にはどのような注意が必要なのか」経験を積む事で理解していきます。

派遣社員として介護の仕事をすれば多くの事業所を経験するので、どのような状態の方にも対応できる介護のプロフェッショナルになる可能性が高まります。そして多くの人から信頼される介護士として活躍できます。

介護の現場が抱える課題を客観的に学べる

派遣社員といっても、利用者の立場では自分を支援してくれる介護士であり他に現場で働くスタッフと違いはありません。業務内容は異なる所もありますが、介護の仕事をしている者として「私は派遣だから」という考え方は通用しません。職員として真摯に業務に取り組む事は重要です。

しかし、職場での立場では、「外部から来ている派遣社員」であり、職場から直接雇用されているわけではありません。そのため社員とは違う目線で客観的に介護の現場が抱える課題を知る事ができます。外部から来ている者として「もう少しこの業務には工夫が必要かな」「職員がゆとりを持って働くには何ができるかな」といった事に客観的に気付く事もあります。事業所内で行われる会議や研修に参加する事も多いので、その時に的確な意見を述べると優秀な人材としてキャリアアップにつながる可能性があります。

派遣社員から正社員、そして将来は施設の管理者を目指したい人は介護の仕事と同時にこのような課題について理解し、改善点を見つける事も大切です。社員ではその事業所の方針に従って行動して、課題に気付かない事もあります。派遣という立場で介護現場の課題を把握していく事は、派遣先にとってもサービス向上のため役立ちます。

派遣で働く事で新しい働き方を知る

派遣で介護の仕事をすると残業時間が社員よりも少なく、家族と一緒に過ごしたり、自分の時間を多く取れる場合もあります。介護の仕事は大変というイメージがありますが、自分に合った無理のない働き方をする事で正社員という概念に捉われない新しい働き方を知る事ができます。

余裕のある生活を送る事によって、気持ちにゆとりができて仕事に意欲的に取り組める場合もあります。現在の働き方に悩んでいる人は派遣会社を利用して新しい働き方にチャレンジしていく事も大切です。自らの充実した人生を手に入れるために、派遣会社を積極的に活用する事をお勧めします。派遣の介護職をお探しの方はこちらからお探し下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

アーカイブ

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:9:00~18:00(日曜日・祝日休業)

人材をお探しの採用ご担当者様はこちら