未経験でケアマネジャーに転職するためには

公開日:2015.11.23

ケアマネジャーは高齢者支援に取り組んでいる方に人気の高い職業で、毎年多くの介護や看護等の経験を積んだ人が受験しています。そのため、ケアマネジャーが既に飽和しているとの声もあり、未経験者にとっては転職が難しくなってきています。

そのため未経験者がケアマネジャーとして働くためには、どのような転職活動が大切なのかを理解しておく必要があります。ここでは主に居宅介護支援事業所と入居施設のケアマネジャーに、未経験者が転職するために必要な事を紹介します。

病院の廊下

居宅介護支援事業所のケアマネジャーへの転職

居宅介護支援事業所のケアマネジャーは、利用者の家庭に伺って介護サービスの利用支援を行います。自宅の改修や家事といった生活支援、それに伴う複雑な手続き、家庭環境や経済状態を配慮したサービスの組み合わせ等、事務作業が膨大であるため経験者を優遇する動きがあります。

未経験で転職する場合、利用者の自宅で直接的な介助を行うホームヘルパーの経験が無いと厳しいのが現状です。自宅で介助する中で必要となる福祉用具や住宅改修の内容を把握しやすく、在宅で暮らしていくための提案をケアマネジャーに適切に伝える事ができるからです。

よってケアマネジャーになる前に訪問介護事業所でのヘルパーとして経験を積む事をお勧めします。居宅介護支援事業所のケアマネジャーは希望者も多く、同じ会社の中にある訪問介護事業所のヘルパーが資格を取って行うケースも少なくありません。ヘルパーとして直接自宅で介助に取り組む事でにより利用者の生活において様々な問題点が見えてきます。

そのような経験が、ケアマネジャーとしてのスキルを高める事に役立ちます。
訪問介護の経験が無くても、自宅で家族の介護を行っていた経験のある方は、未経験でも採用される可能性があります。

まずはなぜ自分がケアマネジャーになりたいかを明確にする事が大切です。

入居施設のケアマネジャーへの転職

入居施設では施設の介護職員や生活相談員として経験があると有利です。そのため、まずは介護職員や生活相談員として働き、入居施設の問題点や利用者の希望を把握してからケアマネジャーを目指す方法がお勧めです。経験が無くても採用される場合がありますが、それは、将来ケアマネジャーとして成長していく事を期待されている可能性が高いということにもなります。

入居施設では施設長や生活相談員、介護職員と兼務を行っている人が多く見られます。専任の場合でも利用者の病院への付き添い等、様々な業務を行う場合もあります。入居施設ではケアマネジャーの業務以外にも行う仕事があると理解する事が大切です。

入居施設で重視される事は、利用者の心身機能の維持、健康管理、生活の質の向上です。様々な職種と兼務する事で、利用者に対する適切なサービスや苦情、要望等に直接触れて、優れたケアプラン作成につなげる事ができます。施設内での介護はケアプランに基づいて行われます。自らが作成したプラン通りにサービスが提供されているか自分の目で確認する事ができます。

入居施設において未経験でケアマネジャーとして働くためには、施設で直接サービスを提供し、様々な状態の方と接する事でスキルを高めてきた実績が重要です。そこで介護職員や生活相談員の経験がアピールポイントになります。

今後のケアマネジャー求人の動きについて

今後ケアマネジャーは、介護福祉士や看護師といった有資格者、相談援助業務の経験のある事が受験資格になってきます。つまり未経験者がケアマネジャーとして働くために直接サービスを行う介護や看護、相談業務の優れた知識や技術、経験が重視されています。

ケアマネジャーを目指す人は、自らの専門分野とそれに関連する分野のスキルをどの程度高めているかが、採用において重要になるということを理解しておいたほうが良いでしょう。未経験者は、居宅か施設どちらのケアマネジャーになりたいかを明確にした上で、その分野に必要なことを究める努力が必要です。

介護業界で、ケアマネジャーに転職するならエタンセルまでご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

アーカイブ

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:9:00~18:00(日曜日・祝日休業)

人材をお探しの採用ご担当者様はこちら