派遣で介護業界のプロとして働く

公開日:2015.11.22

介護業界で派遣社員として働く事は、様々な施設で経験を積むことにもなり、介護のプロフェッショナルとして活躍できる機会も得ることができます。

将来管理職や経営を目指す人にとっても、多くの施設の現状と課題を把握したり、様々な状態の介護サービス利用者と関わる事は重要です。これからの新しい働き方として活用できる「派遣社員」として介護業界の仕事をする意義について紹介していきます。

imasia_7097460_M

優秀な人材を求める施設を救う

介護業界での仕事は、優れた知識と技術を要し、社会的にも重要な仕事のため、優秀な人材の確保が課題です。そこで派遣会社には「誰か優秀な人物はいないか?」と各施設から問い合わせが来きます。そのような状況の中、派遣会社に登録して自分を必要としてくれる施設で働く事は、人材確保に困っている施設を救う事になります。

また、その施設を利用している方にとっても、派遣会社から優秀な人材が来る事は安心感につながり、派遣会社に登録されているプロフィールには、所持している資格や介護業界の仕事に対する意欲といった様々な情報が掲載されています。派遣社員は優れた知識と技術を持っている事を施設にアピールする絶好の場でもあります。

様々な施設を渡り歩き、自らが手本となる

派遣社員は契約期間を設定して働くため、様々な施設で働く事も可能です。同じ施設にずっと働き続ける働き方も良いですが、自らの知識と技術を活かした適切なサービス提供によって、各施設にお手本を見せる事も1つの働き方です。

派遣会社は優秀な人材を確保して各施設に派遣する役割を担っています。日頃から知識と技術を磨いていく事でプロフェッショナルとしての活躍が見込まれます。

派遣社員の立場を活用して知識と技術を高める時間を確保する

派遣社員として働く事で、自分の都合に合わせた就業時間を設定する事も可能です。そこで知識や技術を深めるために、業務終了後に介護に関する勉強会に参加したり、自宅で勉強をする等の時間を確保できます。

そこで得た知識と技術を派遣先で活用し、さらに社会的な信頼を高めることで、介護業界のプロとしてのキャリアアップにつながる可能性もあります。派遣社員で働く人の中には福祉の通信制大学で勉強しながら働いている人もいます。

介護業界の仕事は移乗や入浴介助といった基本的な介護技術以外にも医療、薬剤、リハビリ等、介護に関わる多様な分野の知識を深める事も必要になります。様々なスキルを身につけるためにも派遣社員という雇用形態は魅力的です。

派遣会社が求める人材

派遣会社は常に会社説明会を行っていますが、これは少しでも多くの優秀な人材を確保し、各施設に人材を派遣するために重要な仕事です。派遣社員は自分の時間を大事にしながら社会貢献する新しい働き方として今後見直される可能性があります。そのため、経験が豊富で介護の仕事に強い意欲がある人材が必要とされています。

介護は社会的に責任のある仕事ですので、これからの高齢社会に向けて、常に優秀な人材を確保する事が求められており、そのため、派遣社員に対しても大きな期待がかかっています。→介護業界で派遣のお仕事を探すなら、エタンセルまでご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

アーカイブ

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:9:00~18:00(日曜日・祝日休業)

人材をお探しの採用ご担当者様はこちら