在宅介護を支える小規模多機能型居宅介護とは

公開日:2015.11.04

imasia_13136935_M
小規模多機能型居宅介護は、介護サービス利用者の在宅生活を継続していく為に平成18年に誕生したサービスです。介護を必要とする人が住み慣れた地域と自宅で暮らし続ける為に重要な役割を担い、誰もが安心して生活できる社会の実現に貢献しています。ここでは今後の高齢化社会に向けて、地域社会を支える小規模多機能型居宅介護のサービスと介護職員として働く為に必要な事について紹介します。

通いを中心として「短期入所」と「訪問介護」を組み合わせる事が可能

小規模多機能型居宅介護は、通所介護を中心として、利用者の希望や生活状況や身体状態等により「短期入所(宿泊)」と利用者の自宅への「訪問介護」を組み合わせた介護サービスを言います。

最終的に介護が必要になった場合でも、自宅での生活を維持していく事につなげていくことが目的です。また、このサービスは地域密着型サービスとなっており、サービス事業所と同じ自治体に住民票がある方が対象です。

小規模多機能型居宅介護を利用する事によって、自宅で暮らしながら「週に2回は家族が日中に仕事で不在だから通所介護を利用する。」「週に2回は家族が短時間の用事があるから訪問介護を利用する。」「月に数回は家族の負担軽減と心身の状態確認のために短期入所を利用する。」といった状況に応じたサービスの組み合わせが可能です。

小規模多機能型居宅介護は、要支援1から要介護5まで幅広い状態の方にも対応し、サービスの組み合わせによって重度の状態になっても安心して住み慣れた自宅での暮らしを実現できます。これからの高齢化社会の進行から需要が高まる事も見込まれます。

分かりやすい料金設定と手間がかからないサービス設定

小規模多機能型居宅介護では、毎月の料金が定額で分かりやすい設定になっており介護費用に関するプランが立て易いメリットがあります。さらに1つの事業所でサービスに関する契約をする為、連絡やサービスに対する意見を伝える際に手間もかからず顔なじみのスタッフの介護が受けられる安心感も得られます。

介護サービスを利用する方にとって事業所や介護をする人が次々変化していく事は大きな負担です。その都度自分の状態や希望について説明する必要があります。小規模多機能型居宅介護には、利用者のサービス手続きや環境の変化等による精神的な負担を軽減する役割も担っています。

小規模多機能型居宅介護で介護職員として働くには

高い介護職員の需要に伴い、未経験者でも積極的に採用する事業所が多く見られます。しかし、3つのサービスを組み合わせるサービスの為に運転免許や調理に関する技術を持っている方や夜勤が可能な方がより好まれます。さらに、顔なじみのスタッフによる介護を提供する為に高齢者や障がいのある方に対するコミュニケーション能力や認知症に関する知識も重要です。

介護の仕事は、移乗や排泄介助といった介護技術だけで適切なケアを行う事は難しいです。小規模多機能型居宅介護では特に利用者とスタッフの間の強い信頼関係が大切で、「人の役に立ちたい」という意志と優れたコミュニケーション能力が必要です。

小規模多機能型居宅介護は人々の暮らしを支える重要な存在

小規模多機能型居宅介護というサービスによって、利用者は様々なサービスを利用し心身機能の維持と向上につなげる事ができます。多くの人が希望している自宅での暮らしを実現するための重要なサービスとして社会に貢献している小規模多機能型居宅介護は地域に欠かせない存在です。

要介護度が高くなると施設入所を考える場合が多いですが、サービスを組み合わせるによって家族の負担軽減や認知症予防、心身の状態観察等、自宅での生活を可能にする支援を受ける事が出来ます。

介護業界での転職についてお考えなら、エタンセルにご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

アーカイブ

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:9:00~18:00(日曜日・祝日休業)

人材をお探しの採用ご担当者様はこちら