介護の仕事の求人動向と必要なスキルとは

公開日:2015.10.15

介護の仕事は勤務条件や給与面において一面的なマイナスなイメージが先行し、本来の仕事の魅力が正しく認識されていない状況にあります。しかし一方で今後も高齢化の進行により、決して欠かすことのできない仕事でもあります。
そこで社会的意義があり、今後も高い需要が見込まれる介護の仕事の状況等について紹介し介護スタッフの重要性を示していきます。

img1009_2

介護スタッフの求人状況

日本の高齢化は進行を続けており、2025年には人口の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という時代も来ると言われています。そのため各事業所は、優秀な介護スタッフの確保に力を入れており、社会的にも求人が多い傾向にあります。国は介護スタッフの不足に対応するため、外国人介護士の受け入れや介護ロボットの強化に取り組むなど人手不足は深刻です。

給料については医療法人が経営している施設や介護保険開始前から福祉事業に取り組んでいる法人、行政機関が経営している所は比較的高めです。職場は介護施設ばかりではなく、病院やクリニック等でも募集がされています。

利用者の定員が多い所から少人数の所まで働く場所は様々です。自分が望む働き方に合った職場を選ぶためには、ハローワークや福祉人材センター等に相談する事も大切です。

介護スタッフに一番大切なスキル

介護スタッフに必要なスキルとして、移乗や入浴等の介護技術の他に最近では薬やリハビリ、病気や緊急対応などの医療知識等の様々な知識や技術が求められます。必要な知識や技術は多岐に渡りますが、介護スタッフは常に学習を欠かさず、自らのスキルアップに取り組む姿勢が、生活や健康等を支える立場として重要です。

しかし、これらの知識や技術よりも大切なスキルがあります。それは、どのような状況でも冷静に利用者と向き合い、表情や動作、皮膚の状態など変化にいち早く気付く事です。介護スタッフは忙しい仕事ですが、その空気にのまれて流れ作業のような対応になると利用者の状態変化に気付く事が遅れる可能性があり、気付きの遅れは生命の危機に関わる恐れもあります。

どんなに知識や技術を持っていても、状態変化に気付かなければ介護スタッフとして適切な支援を行う事は出来ません。介護スタッフは、日頃から自らの心身の健康にも気を配り、余裕を持って業務に取り組む健康管理も重要です。介護スタッフに最も大切なのは、知識や技術を活かして利用者の状態変化にいち早く気付く事です。

介護スタッフは日本社会に欠かせない存在

介護の仕事は決して簡単ではありません。

勤務条件や給与面、深刻な人材不足など抱えている問題は多いのも事実です。
しかしながら、自らの知識や技術によって喜びや豊かさを提供できる介護の仕事は、やりがいのある社会的に必要不可欠な仕事なのです。

介護職の中には仕事に強い意欲を持って取り組み、医療職にも負けないくらいの知識を身につけている人や、天職として充実感を持って仕事をしている人もたくさんいます。→介護の求人をお探しなら、エタンセルまでお問合せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

アーカイブ

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:9:00~18:00(日曜日・祝日休業)

人材をお探しの採用ご担当者様はこちら