介護保険における居宅サービスの重要性

公開日:2015.12.08

介護保険で行われている居宅サービスは、住み慣れた自宅や地域で暮らすためのサポートを行っています。このサービスは自宅での暮らしを希望する多くの人々の心身機能の維持、向上に貢献し、介護保険の重要な役割を担っています。ここでは介護保険で受けられる居宅サービスの主な内容と重要性について紹介します。

pixta_11709676_M

訪問型サービスを利用して住み慣れた自宅で安心して暮らす

訪問型サービスには訪問介護や訪問看護、訪問リハビリ等のサービスがあります。これらを組み合わせる事によって、自宅で入浴や排泄、医療管理、健康チェック、医療的処置、リハビリといった様々なサービスが受けられます。住み慣れた自宅での生活を希望する人にとって、サービスを受けながら自宅で暮らしていくための能力維持、向上につなげる事ができる利用する価値のあるサービスです。

訪問型サービスは、家事を可能な限り本人に行っていただけるようサポートするため、利用者の自立した生活を助ける事ができます。家事等の日常生活に関連する動作を自身で行う事自体がリハビリとなり、能力低下を防いでいくのです。

通所型サービスを利用して孤独感の解消や心身機能の維持向上につなげる

住み慣れた自宅で暮らすためには、孤独感の解消や心身機能の向上が重要です。そこで役立っているのが通所型サービスです。通所型サービスには通所介護や通所リハビリ等があり、自宅と施設を送迎するサービスもあります。通所施設内では施設によって異なりますが、健康チェック、医療的処置、食事や入浴等のサービス、他の利用者との会話やイベント、レクリエーションといった交流支援、本格的な機器を使ったリハビリ等が受けられます。

自宅で引きこもった状態が続くと、うつ病や認知症といった精神疾患の発生・悪化にもつながり、結果的に自宅で暮らしていく事が困難になります。通所型サービスは身体面だけではなく精神面のサポートも充実しています。

また、通所施設で入浴のサービスを受ける事は、自宅での入浴が困難な方も安全に入浴サービスが受けられるので、家族負担の軽減にもつながります。これから高齢者の数が増えていく中で、利用者と家族の心身の健康を保つために需要が高まると思われます。

居宅サービスを支える介護保険サービス

訪問型、通所型サービス以外にも自宅での暮らしを支えるサービスには様々なものがあります。例えば自宅での安全な移動を支援する福祉用具貸与、自宅で生活していくための環境整備を行う住宅改修等です。

福祉用具貸与は、介護サービス利用者の状態にあった杖やベッド、車いす等を貸し出すサービスを行っています。福祉用具に関する知識を持った専門家が身体の構造、麻痺等の身体状態といった事情を考慮しながら、福祉用具の選定に関するアドバイス、使用時のアフターフォローまで行います。

住宅改修は自宅の環境に段差がある、滑りやすいといった生活に不便を感じる状態の場合、一定の金額まで1割の負担で便利な状態に改修できるサービスです。具体的には床を滑りにくい構造に変える、手すりを設置する、段差をなくす、トイレを洋式便座にする、扉を引き戸にする等です。利用手続きが複雑であるため、ケアマネージャーに相談する事をお勧めします。

可能な限り自宅での暮らしを維持していくために居宅サービスは重要

現在、特別養護老人ホーム等の入居施設は施設数の不足や入居待ちも多く、可能な限り自分の能力を活かして自宅で生活する事が大切になっています。そこで訪問サービスや通所サービスで心身機能の維持に努める事が重要になってきます。

介護保険の目的は自立支援です。自宅で自立した生活を送っていくためにサポートする居宅サービスの重要性はこれから高まっていくと思われます。

→介護業界でのお仕事探しならエタンセルにおまかせ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

アーカイブ

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:9:00~18:00(日曜日・祝日休業)

人材をお探しの採用ご担当者様はこちら