デイケアの重要性と介護スタッフの役割

公開日:2015.10.11

デイケアは主にリハビリを通じたサービスで、支援や介護が必要になった人々の暮らしを支えています。脳梗塞等で半身が麻痺になったなど、リハビリによって出来る限り自立した暮らしを送る事を目指す人が主に利用しています。そのような方々に介護サービスを提供するスタッフに必要なスキルは何か、デイケアの概要と合わせて紹介していきます。

imasia_3872289_XL

デイケアではどのようなサービスが行われているか

通所リハビリテーションはデイケアとも言われ、自宅から施設へ通い、医師やリハビリの専門家の助言や指導を受けながら身体機能の維持、家事等の日常生活動作がスムーズに行えるようなリハビリサービスを中心に提供していきます。利用には介護保険制度に基づく要支援・要介護認定を受け、また医師から「リハビリが必要」と認められる必要があります。経営は主に病院などの医療法人が行っています。

デイケアで行われるサービスは施設によって異なりますが、運動器具等を使用した機能訓練、入浴や食事といった介護サービス、レクリエーションを通した他者との交流支援等が行われます。利用者によっては機能訓練だけで帰宅するなど、個々の状態や希望に応じたリハビリ計画が作成されます。

デイサービスと異なる所は、利用に医師の指示が必要な事やリハビリを重視している点であり、個別にリハビリのための計画書が作成されているので、身体機能の維持向上につながるサービス提供が行われています。

デイケアで介護スタッフとして働くために必要なスキルとは

デイケアを利用するのは、介護保険制度に基づく要支援・要介護認定を受け、また医師から身体機能の維持のためリハビリが必要とされた方々です。そのため介護スタッフでもリハビリに関する知識は求められます。

例えば麻痺がある人でも麻痺の程度は人によって異なり、不全麻痺と言われている動かしにくい軽度のものから全く自力で動かす事が出来ない状態まで様々です。その人の状態や希望に応じてリハビリプログラムは異なりますので、介護に入る際に注意すべき事を把握するためにもリハビリの知識は大切なのです。

また移動や排泄などの介助を行う際に、自分で出来る事は自分で行っていただく事がリハビリには重要です。麻痺があっても杖を使って歩く事が出来る人も多く、過剰に支援する事で利用者の能力を低下させる可能性があります。介護は自立支援が目的であり、活用できる能力は積極的に使って生活していけるよう支援していく姿勢が必要です。

デイケアが持つ重要性

デイケアは自宅で生活を送りながらリハビリ専門職による本格的なリハビリを受けられるサービスです。デイケアでは個人に合ったリハビリ計画を作成し、個々に適したプログラムが提供されます。

人は身体を動かさないと、体力や筋力の低下から免疫力の低下や寝たきり等を通して様々な病気へとつながっていきます。これらを予防し、人々の健康と身体機能の維持を支えるデイケアはこれからも必要性の高いサービスなのです。今後は要介護1と2の方が特別養護老人ホームへの入居が原則できなくなるので、重度化を防ぐ意味でもデイケアの需要が高まっていく可能性があります。

デイケアで機能訓練等に取り組み、心身機能の維持向上につながる事は自信や生きがいにもつながります。また、病気の治療への意欲向上や家族や地域の人々との積極的な交流など様々な可能性があり、病気や障害を抱えた人々の豊かな生活のために、デイケアは大きな役割を担っています。

デイケアで働く事は多くの人々が望む自宅での暮らしを支える事

デイケアで働く介護スタッフは、リハビリ専門職ではありませんが、適切な介護技術等によって入浴による清潔保持、食事による栄養補給といったリハビリへの意欲につながる基盤を作り上げる事が出来ます。リハビリ専門職には言えない本音を介護スタッフに相談してくる人もいます。デイケアで働く介護スタッフは、要介護者等が安心してリハビリに臨み自宅での生活を維持していく事を支える立場にある仕事なのです。→デイケアの求人を今すぐエタンセルで検索!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

アーカイブ

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:9:00~18:00(日曜日・祝日休業)

人材をお探しの採用ご担当者様はこちら