介護業界で就職するには?介護士

介護士になるためには

介護士になりたいという目標を実現する為には、事前に介護士の仕事内容や必要な知識と技術について理解しておく必要があります。未経験者や資格がなくても、やる気があれば採用される可能性が高い仕事ですが、資格を取得していると優遇されます。ここでは今後の日本社会を支える重要な存在として活躍する為に大切な事、資格を有していると便利な知識等について紹介します。

資格を取得しておくと仕事が見つかりやすい

介護士は比較的求人数が多く、資格が無くても事業所の援助で資格取得が可能になったり、やる気さえあれば採用されやすい傾向にあります。しかし、その中でも資格を持っている人の方が有利で、事業所の中には資格を所持している事を採用条件としている所もあります。自分に合った職場で働く為にも資格を働く前に取得しておく事も大切です。

介護士の資格の中で一番身近な物として、「介護職員初任者研修」というものがあります。これは以前ではホームヘルパー2級と言われていましたが、2013年から名称が変更されています。介護に関する知識や技術といった130時間程のカリキュラムを修了した人に対して与えられるもので、この資格を取得した人は介護士として働く為の基礎知識を有していると判断されます。さらに介護士として働きたいという意欲の証明にもなります。

介護士は人の生命と暮らしを支える社会的に大切な仕事です。その為、人手不足であっても誰でも採用される事は無く、一定の知識や技術が求められる場合も多いのです。初任者研修を修了する為には、ハローワークの職業訓練や様々な教育機関を通して学習に取り組む必要があります。介護士になりたいという自分の気持ちを示す物として、積極的に資格取得に臨む事をお勧めします。

実務経験を積む事で国家資格取得のチャンスがある

初めて介護の仕事に就いた人は、3年以上の実務経験を積むことによって介護福祉士という国家資格を取得するチャンスがあります。介護福祉士は一定以上の知識と技術を有していると国から認められた介護士で、高度で適切な介護サービスの提供と介護に関わる人々への指導といった業務を行う「介護のプロ」とみなされる存在です。

介護福祉士は3年以上の実務経験を積み、国家試験に合格する事で取得できます。事業所にとっては介護福祉士を一定以上確保する事により利益の向上につながっていきます。介護士になって介護福祉士の資格を取得すれば、スキルアップにつながるだけでなく、仕事の幅も広がっていきます。

介護士として習得しておくと便利な資格や知識

介護士として活躍する為に便利な知識には様々なものがあります。例えば、視覚障がい者等の外出支援などに関わるガイドヘルプサービス、身体機能の維持と向上につながる介護予防運動、高齢者の方とのコミュニケーションの方法等です。これらについては国家資格ではありませんが、民間で資格取得制度を設けている所もあります。

また、病院の介護士として働きたいなら緊急対応、デイサービスで働きたいならレクリエーション、デイケアで働きたいならリハビリテーションのように自分が働きたい分野によって様々な知識を習得する事も大切です。介護士として働く前に、介護に関わる内容について勉強してきた事をアピールすれば、やる気のある人物として採用されやすくなります。

介護士はこれからも高い需要が見込まれる重要な仕事

高齢化社会の進行もありますが、介護士は、「困っている人たちを助け支え合う社会」、「人々が生きる事に希望を持てる社会」、「健常者と障がいのある方が共生していく社会」の実現等、様々な社会の形成に貢献する役割を担っています。利用者は決して高齢者ばかりではありません。性別、年代、障がいの有無に関わらず全ての人が助け合い、幸せを感じられる社会を作り上げる存在としても介護士が必要です。

介護士の仕事に興味のある方は、エタンセルへ一度ご相談ください。
専任のスタッフがあなたに合ったお仕事をご紹介いたします。

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:9:00~18:00(日曜日・祝日休業)

人材をお探しの採用ご担当者様はこちら