無資格、未経験OKの求人は本当に採用されるの?

公開日:2016.02.18

pixta_19796771_M

介護の仕事は「人材不足だから無資格、未経験でもOKとしているのか」「募集だけをして本当は経験者を採用するのではないか」のように募集広告を見て感じた人もいるのではないでしょうか。しかし、実際に無資格、未経験でも採用されて働いている人もいます。ここでは本当に無資格、未経験OKでも採用されるのか、その現状について紹介します。

無資格、未経験OKの求人の現状

介護の仕事の求人を見ると、「無資格で経験の無い人でも歓迎します」という求人が多く見られます。介護事業で全国展開する会社から社会福祉法人まで、様々な法人が求人を出して介護職員の確保に動いています。職場もデイサービスセンターから高齢者施設まで様々な所で求人があり、介護の仕事を目指している無資格、未経験の人も職場を選択する幅が広がっています。

何故無資格、未経験でもOKなのか

原則、高齢者施設で介護の仕事をするために、資格は必ず必要というわけではありません。(訪問介護を除く)
介護の仕事は知識や技術といった経験も大切であると同時に「困っている人を助けたい」という気持ちが最も重要視されます。優れたスキルがあっても、その気持がなく利用者に対する態度が悪ければ信頼を失います。介護の仕事は直接身体に触れる事が多く「この人なら安心できる」という職員に対する信頼が無ければ介護を拒否される事もあります。

知識や技術は「困っている人を助けたい」という気持ちがあれば経験や日々の勉強によって自然と身についていきます。しかし、介護の仕事に対する意欲が無ければ、スキルを磨こうとする気持ちが湧かず自然と対応が雑になってきます。

このようにして無資格、未経験OKの求人では、単純に人手不足だからではなくスキルが無くても「介護の仕事がしたい」という意欲のある人を採用したい思いが強いためです。スキルに自信が無くても「自分はこの仕事がしたい」「人の役に立ちたい」という純粋な気持ちを伝える事ができれば無資格、未経験でも採用される可能性はあります。

無資格、未経験で入社して仕事はできるのか

入社後は先輩職員と一緒に行動して利用者の状態、介護技術、コミュニケーション方法といった指導を受けます。実際利用者の介助にあたる時も軽度の方から徐々に段階を踏んでいきます。最初から重度の方を1人で任される事はありませんので、無資格で未経験の方も安心して業務に取り組む事ができます。
施設によっては資格を取得するための費用を助成する制度があり、資格を取るまでは利用者とのコミュニケーションや清掃といった業務を担当して直接的な介助は行わせない所もあります。しかし、コミュニケーションや清掃は利用者の困っている事や要望といった本音を聞き出したり、清潔な環境で過ごして頂くための重要な仕事であることには変わりません。

夜勤がある施設では最初から夜勤の業務に入る事はありません。何か月か経験を積んで問題ないと判断されれば夜勤に入っていきます。夜勤業務に入っても最初は先輩職員と行動を共にします。夜勤は職員の人数が少なく、1人で行動する機会が多くなります。このようにして最初から無資格、未経験の人に任せる事ができません。

無資格、未経験でも意欲があれば積極的に応募してみよう

常に人手不足の状態にある介護職員ですが、その中で意欲を持って応募してくれる人を介護施設では歓迎しています。資格や経験の有無で判断せず、やる気のある人材を積極的に受け入れようとする業界は少ないでしょう。知識や技術については入社後に先輩から学んだり、費用の援助を受けながら資格を取得する事も可能です。

求人情報は施設見学会や介護の仕事に関する説明会、介護の仕事専用の相談窓口といった様々な場所で介護の仕事に関する情報を知る事ができます。
意欲があれば積極的に介護の仕事に応募する事をお勧めします。
→大阪・兵庫の介護の仕事のことはエタンセルまでお問い合わせ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

アーカイブ

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間:9:00~18:00(日曜日・祝日休業)

人材をお探しの採用ご担当者様はこちら